ごみが資源になるまでの道のり

ごみはどうやって「資源」になるの?

ごみと資源の違い

一般的に「資源ごみ」とされているビン・缶・古紙などですが、同じ素材でも条件によっては資源にすることができなくなってしまいます。 そしてそれは、私たち市民のごみの出し方にも関係する話です。 ここでは、資源ごみを出すときに気を付けなければいけないことをご説明します。

どのようにリサイクルされるか決める

リサイクルには種類があり、ごみの種類や状態によって施設でどう処理されるかが決められます。 再び製品の原料になることもあれば、化学的に分解されてガスや石油の代わりになることもあります。 そのどちらにもできないものは、焼却した際のエネルギーを利用したりします。

その行動が資源をダメにする?

「限りある資源を守るためにごみをリサイクルしよう」というスローガンは、私たちが必ず耳にしたことがあるものです。
ごみを出すときは、可燃や不燃だけでなく、ビン、缶、ペットボトル、古布、古紙…といったたくさんの区分に分けると思います。
なぜこのような手間をかけるかというと、ごみの中には原料に戻せるものが含まれているからです。
ビンや缶は砕いて溶かせばまたビン・缶に、ペットボトルは容器トレーや衣類に、古布はクッション材に、古紙はトイレットペーパーに生まれ変わります。
これがリサイクルと呼ばれるものです。
このようなごみのことを、家庭では「資源ごみ」と呼びますよね。
つまり、資源ごみと普通のごみとの違いは、リサイクルできるかどうかの違いであると言えます。

ごみはごみでも、生ごみの多くや汚れのひどいものはリサイクルすることができません。
なぜなら、資源とは何かの原料となる物質のことであり、汚れのこびりついた紙や赤ちゃんのおむつなどは何かの原料にすることが困難だからです。
これらの資源にならないごみは、焼却するか、そのまま埋め立てるしかないのです。

それでは、「リサイクル可能なごみ」は、どのような経路で物の原料である「資源」へと生まれ変わるのでしょうか。
ごみが資源になるには、さまざまな条件をクリアしなければなりません。
このサイトでは、その過程を順を追って説明していきます。
今身近にあるごみが、どのような未来を迎えるのか、想像しながら読んでいだたければ幸いです。

原料から商品へ

どのリサイクルになるかが決まったら、いよいよごみが資源になります。 どのような形状になるかは資源の種類によって異なりますが、ここではごみの種類や資源の形状ごとに、いくつか例を挙げてご紹介します。 また、資源が後々とんな製品になるかもご説明します。

TOPへ戻る