ごみはどうやって「資源」になるの?

>

ごみと資源の違い

住民1人1人が協力しないと資源になれない

「発生源分別」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
「発生源分別」とは、ごみの分別の方式の種類の1つで、ごみを出した住民1人1人が資源を分別するやり方のことです。
日本では当たり前の方式ですが、実は世界的に見ると少数派で、世界ではリサイクル施設で作業員がまとめて分別する「選別センター方式」が採用されていることが多いです。
「発生源分別」はコストのかからない方式ですが、成り立たせるためには住民の協力が不可欠です。
「発生源分別」を採用している国にとって、施設内での分類には限度があり、分別しきれなかったごみは廃棄されてしまいます。
私たちがごみをしっかり分別して出さないと、貴重な資源を失うことになるのです。

汚れたまま出してもNG

私たちが資源ごみを出すときに気を付けなければならないのは、分別だけではありません。
資源ごみについた汚れを落とすということも大切です。

リサイクル施設では、ごみを資源に戻す際に洗浄を行いますが、洗浄システムとコストの関係で、完全に汚れを落としきるのは難しいです。
よって、汚れのひどいものは施設であらかじめ取り除かれ、処分されます。
また、完全に排除しきれなかった汚れたごみは、資源にされた物質の中で不純物として残り、製品の品質を下げて再利用の幅を狭めてしまします。
私たちが家庭でしっかり洗浄すれば資源に戻せるものもありますので、なるべく洗浄してからごみに出しましょう。

このように、「きちんと分別された綺麗な素材」だけが、資源になる道を歩めるのです。


TOPへ戻る