ごみはどうやって「資源」になるの?

>

どのようにリサイクルされるか決める

できれば「製品の原料」に戻したい

リサイクルには、「マテリアルリサイクル」「ケミカルリサイクル」「サーマルリサイクル」の3つの種類があります。
最もイメージしやすいのが、製品をチップやペレットなどの原料に戻して再製品化する「マテリアルリサイクル」だと思います。

リサイクルをするときは、なるべくマテリアルリサイクルに優先的に回すように分別します。
製品になった方がより資源として需要があり、コストも比較的少なくて済むためです。

しかし、繰り返しリサイクルされたごみや、成分によっては製品の原料として戻せないものも出てきます。
その場合は、コストはかかりますがこみを熱や圧力によって分解して、化学原料にすることができます。
これを「ケミカルリサイクル」といいます。

焼却するしかないときは

ごみの中には、マテリアルリサイクルもケミカルリサイクルにもまわせないものがあります。
汚れや性質からそう分類されることもあれば、リサイクルするコストが見合わない場合にも「焼却処分」の判断が下されることがあります。
どうしても焼却するしかない場合は、焼却時の熱エネルギーを温水や発電に再利用するという手段をとります。
これは「サーマルリサイクル」と呼ばれています。

リサイクルと名がついていますが、サーマルリサイクルをリサイクルとみなすかどうかは国によって異なるようです。
リサイクルとみなさない国では「サーマルリカバリー」と呼ばれたりします。

他のリサイクル方法に比べると優先度は低いですが、それでもただ燃やすよりは環境に貢献することは確かです。


TOPへ戻る